目指せ雑学王!宗教の雑学

目からウロコ!身近な宗教の雑学

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

私達の生活と宗教

宗教と深くかかわりがあり、最も身近な存在として挙げられるのは、まず言葉になります。 これだけでは、宗教と言葉の間にどのような関係があるのか分かりにくいですよね。 ですので、ここでは一つ一つ丁寧に解説します。 意外とよく知るあの言葉の元ネタが宗教ということもあるんですよ。

意外と知らない?宗教出身のあれやそれ

私達の住んでいる日本は宗教の自由を保障されています。
ですので、お正月には初詣に行き、ハロウィンを祝い、クリスマスを迎え、年越しに神社仏閣へいくということをすることが出来ます。
いわれてみればこれらは宗教行事だなと感じる方もいらっしゃるでしょうし、中には信仰を大事にしてクリスマスには参加しないという方もいるかもしれません。

日本は宗教に寛容な国でありますので、熱心な仏教徒やキリスト教徒の方もいれば、このようなイベント行事にのみ参加するという方もいらっしゃいます。
しかし日本の大半の方は特定の信仰を持たず、気ままにその時々で崇める神様を変えたりします。
これらは海外から見れば特異なもので、多くの神がいるという考え方や、その時々で信じている神様が変わるという信仰の仕方は受け入れられないことが多いです。

私たちは自分たちも気付かない間に多くの宗教と触れ合って生きているということが分かっていただけたでしょうか。
宗教は意外と私たちの生活のすぐそばにあり、そこまでうんと遠い存在ではないのです。

そんな多くの宗教に囲まれている日本だからこそ、自分たちの知らない宗教出身の慣習や言葉が多く存在します。
また、これら宗教の意外な一面というのもあります。

堅苦しいだけだとおもっているかもしれませんが、宗教の世界は奥が深く、宗教学という分野も存在します。

ここでは深くは触れず、興味を持っていただくために宗教の面白さをメインにまとめていきます。
これを機に様々なものの成り立ちや始まりを知っていただき、雑学を知る楽しさに目覚めていただければと思います。

おすすめリンク

教えたくなる!宗教行事の雑学

冒頭でも触れたように、年中行事は宗教行事であふれています。 京都で五山の送り火を見たことがある人もいるかもしれませんが、あれは立派な仏教の行事です。 この行事にも、もちろん成り立ちや意味がきちんと存在します。 宗教的観点から見たそれぞれの行事のマナーや知識を分かりやすく解説します。

そんなことまで?それぞれの宗教の歴史

人類史と宗教は、切っても切り離せない関係にあります。 私達に身近な例としては、日本では江戸時代にキリスト教徒の弾圧がありました。 海外でも、魔女裁判や宗教の違いによる争いもあり、今もそれらは続いています。 ここでは、面白い宗教の歴史を切り取ってご紹介します。